2018年3月4日日曜日

Illustrator と Silhouette CAMEO 3 を使ったシール作りの手順


あんまり手順って紹介されていない気がするので、私の使い方を紹介します。

Silhouette CAMEO には付属で Silhouette Studio というソフトがついていますが、あんまり得意じゃないです。

仕事では Illustrator をよく使っているので、Illustrator でデザインと印刷を、Silhouette Studio は最後のカットのみ、というやり方をよくやっています。

できれば Illustrator のみで完結したいですが、Silhouette Studio 経由でないと自動トンボ読み取り機能が使えません。

肝は Illustrator のカットデータを Silhouette Studio にどうやって正確に移動するのかってとこでしょうか。

環境は、Illustrator CC 2017、Silhouette Studio 4.1 です。
Silhouette Studio 3 をお使いの方は、配置が結構違うので戸惑うと思いますが、項目名は基本同じなので大丈夫だと思います。

テンプレートファイル

使用しているIllustrator用のテンプレートを置いておくので、よければ使ってください。
A4横用紙に端から10mmの位置に5mmのトンボを配置しています。
家庭用プリンターでの印刷を想定していますのでRGBです。
レイヤー構成の説明
  • _カット範囲:カットできる範囲のガイド。
  • _トンボ認識範囲:トンボ認識範囲のガイド。
  • 書出用 カットライン:ここにカットする線をレイアウトします。
  • 書出用 用紙サイズ:Silhouette Studio でインポートする際、基準にする為の用紙サイズの線。
  • 印刷用 レイアウト:ここに印刷するデザインをレイアウトします。
  • 印刷用 トンボ:レイアウトと一緒に印刷するトンボ。

以下手順です。


手順

Illustrator でテンプレートを開きます。


レイヤー「印刷用 レイアウト」に印刷する写真などをレイアウトしていきます。
レイヤー「_トンボ認識範囲」のガイドに入らないようにレイアウトします。
ガイド内のトンボ周辺が白以外だとトンボ読み取りエラーの原因になりますので、トンボ周辺はなるべく空けておきましょう。

使った写真はデグーです。

レイヤー「書出用 カットライン」にカットしたい線をレイアウトします。
レイヤー「_カット範囲」のガイドに入らないようにレイアウトします。
トンボを読み取った際に、ガイド外はカットしてくれません。
また、線の色や太さは関係ありませんので、見やすいのがいいと思います。

各写真の端から1mm内側を角丸でカットします。
 
赤線がカット予定位置

カットラインだけ表示すると下のような感じです。


では、印刷します。

デグーかわいい。

次にカットラインを Silhouette Studio 用にDXFファイルを書き出します。
選択したオブジェクトのみを書き出す予定なので、レイヤー「書出用 カットライン」「書出用 用紙サイズ」のカットラインをすべて選択した状態で、「ファイル」→「書き出し」→「書き出し形式」を選択します。
「書出用 用紙サイズ」のラインはSilhouette Studioで読み込んだ際に位置をずれないようにする為に必要です。必ず選択してください。

※トンボとカットラインがずれていないか確認したい場合は、この時にトンボも一緒に選択してください。Silhouette Studio で開いた際にトンボの位置がわかります。

オブジェクトを選択した状態で

「ファイル」→「書き出し」→「書き出し形式」を選択する

適当な名前を付けて「書き出し」ボタンをクリック。


 書き出しオプションは次の通りです。
  • AutoCADバージョン:R14/LT98/LT97
  • アートワークの倍率:1=1
  • 線幅を拡大・縮小:チェックしない
  • アピアランスを保持:選択
  • 選択したアートだけを書き出し:チェック
  • アピアランスのパスを変更:チェックしない
  • テキストのアウトライン化:チェック
※色々試してこの設定に落ち着いただけなので、おかしいと思った場合は変えてください。


設定したら「OK」をクリック。

次に、Silhouette Studio で開きます。
ファイルを開く前にインポート設定を確認します。
「編集」→「環境設定(Ctrl+K)」
インポートタブ内のDXF項目を「開く:中央」にします。


確認したら「OK」をクリック。
「ファイル」→「開く」から先ほど書き出したDXFファイルを開きます。


この状態では Silhouette Studio 上にトンボがないので、トンボを設定します。
  • トンボパターン:タイプ1
  • 長さ:5.00mm
  • 太さ:0.50
  • 位置:10.00mm


あとは、用紙に合わせてカット設定をしてカットするだけです。

台紙に横向きで張り付けて
Silhouette Cameo 3 にセット!
カット完了!
うっすらとカットラインが入っているのが見えますか?
外側の余白を剥がしたら
できた!

これでシール張りまくりです。

カット設定

今回の使った用紙とカット設定は以下です。
用紙:A-one 75301(マットタイプの少し厚手の上質紙、ラベル厚み0.13mm、総厚み0.19mm)
カット設定:自動調整ブレード、刃出し量:2、速度5、カット圧(厚み)10、パス(カット回数)1
設定はブレードの状態にもよりますので、あくまで参考値です。





0 件のコメント:

コメントを投稿